青森県大間町

AOMORI PREF / OMA TOWN WEB SITE

宅地内の水道の漏水について

宅地内の水道の漏水について

宅地内の水道の漏水について~漏水は身近な問題です!

漏水は貴重な水資源の損失であるばかりでなく、宅地内の地面の陥没や建物への浸水など、二次的災害をもたらす危険性もあります。また、漏水がある場合、そのままにしておきますと使用水量が多くなり、高額の料金を支払うことになりかねません。
町では毎月の水道メータ検針の際に、使用水量が倍になったり、メータが動いていないなどの異常水量が認められた場合、ご家庭を訪問し、状況確認・再検針を行っておりますが、一般検針では常に各家庭の漏水を確認することはできません。
そこで、いつもより水量が多いなと思われたら(漏水の心配があるときは)、次の箇所を点検して下さい。

  • 蛇口:ポタポタと水が漏れる。蛇口に耳をあてるとシュ―と音がする。
  • 水抜き栓:ハンドルが半開きになっていないか。(半開きの場合は全開にすること)
  • 水洗トイレ:使っていないのに便器の水がゆれている。(水漏れの場合はタンク用止水栓で水を止める)
  • ボイラー:配管から水が流れる音がする。

使用水量がいつもより著しく多くなったが、漏水の確認ができない場合は下記担当までお問い合わせ下さい。
※担当による漏水確認は掘削を伴わない目視等による確認のため、漏水場所を特定するものではありません。

宅地内の漏水修理について~漏水が見つかったら!

宅地内の漏水修理について

水道メータから道路側の漏水については町が施工しますが、宅地内の水道メータから蛇口までの漏水は、使用者が直接水道工事店へ修理依頼し、使用者負担により施工することになります。
アパートなどの共同住宅の場合は、建物の所有者、管理者にご連絡下さい。
なお、漏水の事実が判明し、速やかに漏水の修理を行っていただいた後、水道料金を一部減額できる場合がありますので、担当までお知らせ下さい。

最近の傾向から、築年数が経過し、宅内の配管劣化による漏水が多く発生していますが、一箇所漏水を修理すると、漏水により落ちていた水圧が戻り、別の劣化した管で新たな漏水が起きるケースが目立ちます。
一箇所漏水が発見された場合、他の宅内の配管も点検していただくことをお勧めします。

連絡先:大間町役場 生活整備課 上水道係 ☎ 0175-37-2111

お問い合わせ

生活整備課

〒039-4692 青森県下北郡大間町大字大間字奥戸下道20番地4
☎ 0175-37-2535 ファックス 0175-37-4744